バーチャルオフィスを活用して様々なコスト削減を実現させよう

SITEMAP

観葉植物のあるデスク

会社機能として必要な会議室もバーチャルオフィスで確保できる

オフィスビル

会社機能として必要な設備として会議室があるものの、オフィス開設時に会議室も確保しようとすると、投資金額が多くなってしまいます。オフィス契約にかかる費用、内装工事費と会議室で必要な家具や備品です。使用頻度の少ない会議室のために投資を抑えたいというなら、バーチャルオフィスを利用するという方法があります。
実務は自宅の一室を利用しつつ、会議のためだけにオフィスを契約しておくことはコストパフォーマンスが良くありません。また、レンタルスペースや貸会議室を打ち合わせのたびに利用する際、会社所在地が異なることを伝えていない場合、不信感を相手に持たせてしまいます。ですが、バーチャルオフィスなら会社所在地はそのまま、同じ住所での会議室利用が可能です。バーチャルオフィスといっても、レンタルオフィスやコワーキングスペース、貸会議室サービスを同時運営していることも多く、オフィス自体が存在し、それらに必要な設備も完備されています。そのため、普段の仕事は自宅で行い、取引先との打ち合わせは必要に応じてバーチャルオフィスを利用するという方法が可能です。また、打ち合わせ時の待ち時間で仕事をしたいという場合でも、バーチャルオフィスでは規定回数までコワーキングスペースを利用できるといったサービスもあり、時間を無駄にすることがありません。

CONTENTS

UPDATE LIST

2020年09月07日
バーチャルオフィスなら将来的な移転の問題を解決できるを更新しました。
2020年09月07日
バーチャルオフィスで好きな場所を会社所在地にしようを更新しました。
2020年09月07日
会社機能として必要な会議室もバーチャルオフィスで確保できるを更新しました。
2020年09月07日
バーチャルオフィスで自宅住所の公開を回避しようを更新しました。
TOP